島での移動手段!車?電動キックボード?トゥクトゥクも借りられちゃう!

  • 2021/01/12
  • 2022/06/08
  • 観光

ヨロン島は周囲約24kmの小さい島です。
小さいと言っても徒歩ではたくさんある綺麗なビーチ、観光施設やおいしいお店を回りきれません。

ヨロン島旅行計画の記事でもお伝えしましたが、航空券とホテルを1つのサイトでまとめて予約できるパッケージツアーは、通常一緒にレンタカーもお得に予約できます。
しかし、ヨロン島のパッケージツアーは一緒にレンタカーを予約することは出来ません!
ひとつひとつサイトを見てみましたが、どの予約サイトでも出来ませんでした…😭

島を観光するには車などの移動手段の手配は必須です!
しっかり手配して、ヨロン島をめいっぱい堪能しましょう!

ヨロン島でレンタルできる移動手段は?

ヨロン島で手配できる移動手段はレンタカー・車だけではありません。他にも…

・バイク🛵
・自転車🚲
・電動キックボード🛴
・トゥクトゥク

がレンタルできます!バリエーションが面白いですよね!
電動キックボードやトゥクトゥクは、他にはなかなかないヨロン島ならではのレンタルできる乗り物ではないでしょうか!
あなただったらどれを借りてヨロン島を一周しますか?

レンタカー

王道・安心!レンタカー。
小さい子連れ、年配の方連れの家族旅行にもぴったりですし、荷物がたくさん積めるので移動が楽ちん!
万が一お天気が雨模様でも車であれば心配ありません!

レンタカー取扱店

南国レンタカー
ヨロンレンタカー
コロレンタカー
オーシャンレンタカー
ワイワイレンタカー
野口レンタカー

レンタルバイク

島の道路は、対面通行の道幅の狭いところばかりです。
ビーチや、ロケーションの良い飲食店なんかも海の近く狭い道を通って行くところにあったりしますので、車よりもバイクの方が行きやすいことも!
(私も普段の生活でバイクで来れば良かったな…と思うことが多々あります。)
車と比べて、ちょっとしたスペースに駐輪もしやすいのでオススメ!
お天気の良い日の海沿いのツーリングは最高です!

レンタルバイク取扱店

南国レンタカー
ヨロンレンタカー
オーシャンレンタカー

レンタサイクル

自転車は唯一、運転免許がいらないレンタルできる乗り物です。
ただ、島の道はアップダウンが激しいですので、レンタルするのであれば電動アシスト自転車にしましょう。
ヨロン島の風を感じながらのサイクリングは気持ちいいです!
ヨロン島の映えはやっぱり海ですが、ヨロンの坂+自転車のシーンも人と違う映えが撮れると思います!

レンタサイクル取扱店

南国レンタカー
ヨロンレンタカー

レンタル電動キックボード

バイクや自転車よりも小回りの効く電動キックボード。
速度も20km出て、坂道もスイスイ!
電動(充電式)なので、『燃料を満タンにして返す』という手間と費用が要りません!
※レンタル・運転には自動車運転免許もしくは原動機付自転車の免許が必要です。

坂道に関しては、『スイスイ♪』と謳ってるけど、本当に登れるの…?と疑問に思っていました。
実際にレンタルキックボードで移動していた女性2人組に話しかけて聞いてみたところ、坂道もストレスなく登れて快適だったそうです!

もちろん電動キックボードでの旅の様子も映えそうです!

ヨロン島を電動キックボードで実際に走っている映像が、ヨロン島観光協会のYoutubeにアップされています。
動画からも気持ちよさが伝わってきます!

映像に映っている場所は、与論町役場、次に大金久〈オオガネク〉海岸沿い→皆田〈ミナタ〉海岸→朝戸〈アサト〉の畑道→翔龍橋。
気持ちよさそうですね。こんな旅したくありませんか??

レンタル電動キックボード取扱店

・MEEDAFU’S YUI(カフェ・ドミトリー)
・星砂荘(宿)
・田畑美軒(ヘアサロン・貸衣装・宿)
・薬草カフェピクニック

レンタルトゥクトゥク

トゥクトゥクという乗り物、知っていますか?
バイクと車の中間と言うか、バイクと車のハイブリッド(いいとこ取り)の乗り物と言うか。
屋根はあるけど、ドアや窓はない乗り物。
タイなどで、主に観光客を乗せるタクシーとして使われているものです。

そのトゥクトゥクが与論でレンタル出来ちゃいます!
本場のように運転手さんがいて目的地まで乗せてもらうのではなく、自分で運転しながら自由に観光できます!
※レンタル・運転には、自動車運転免許が必要です。

観光はもちろん、トゥクトゥクの運転も体験できちゃう!楽しそう!!
(移住前にレンタルしてたら絶対借りて遊びに行ったのに!!)
トゥクトゥクはその乗り物自体がカワイくラッピングされているので、どこでも映えます!!

レンタルトゥクトゥク取扱店

与論島トゥクトゥクTOURS

与論島トゥクトゥクTOURSにはInstagramのアカウントもあり、実際にトゥクトゥクで観光された方の様子などがアップされているので是非みてみてください!
めっちゃいい感じです😊

まとめ

以上、ヨロン島の移動手段についてでした!
是非、旅のご参考に!

与論島へのアクセス、パッケージツアーなどについてはこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村